第10回 (`00年6月30日 アップロード)


病院のホームページ造りなどを始めたので、
すっかり怠けてしまいました。

個人のものと違って、意見の調整が・・・
などと言いながら、嬉々としてやっている(?)
(^_^;

小6-学芸会 突然若返って、12歳のこんちゃんです。

 小学校6年、学芸会の後の記念写真です。前列右端がこんちゃん、真ん中は憧れのジュンコちゃん(*^_^*)

 この頃はクラス単位ではなく、地区単位で劇をやっていました。(こんちゃん達の学校だけかなぁ)
 出し物は何だったか忘れてしまいましたが、下の学年の子ども達と一緒に地区の公民館のような所で練習したことを覚えています。
 この写真は成績発表の前で、結果は準優勝でした。

 劇の他にもクラス単位の合唱もあったのですが、こんちゃんは声が大きいくせに調子を外すので、先生に「あなたは声が大きいから、できるだけ小さい声で歌いなさい」と言われていましたっけ・・・

 学芸会が秋で、翌年の正月から肋膜炎にかかって3月の半ばまで病欠 (T_T)
 卒業前に学校へ行ったときに、前にはのぞけなかった教室が、廊下からのぞけたのにはビックリしました。寝ている間に背が伸びたのですね。


00年6月25日 周ちゃんも、どんどん大きくなっています。
 2歳半になって、かなり普通に会話もできるようになりました。
 囲碁のことなどは判らないと思うのですが、どこで見たのか、白黒順番に置くことは知っているようです。
 小学校に入ったら教えてみようか・・・などと、夢を膨らませている今日この頃です。
(その頃になったら、テレビゲームに夢中になっているかもしれませんね (^_^; )

 今は仮面ライダー・クーガとタイムレンジャーに凝っていて、盛んに変身しています。
 ジジちゃんは、もっぱらタイム・ブルー役で、クーガの光線にやられています。(^^)


 このところ医療事故のニュースが盛んに報道されていますが、他人事ではありませんね。
 幸いに事故には至りませんが、一歩間違えば・・・といった状況は、なくはありません。
 こうしたケースも「インシデント報告」として出してもらっていますが、人間のやることなので、100%なくすことはできないでしょう。
 不可抗力のこともあるけれど、ちょっと注意すれば防げたと思われることもあります。
 人の命を預かる仕事なので、「ミスでした」では済まされないですね。
 二重にも三重にもチェックするシステムを作り、そのシステムが確実に働くように努力しなければならないと思います。