略図 10月13日に、磐梯吾妻スカイラインの紅葉が見頃との情報に誘われて、昼食を済ませてからもみじ狩りに出かけました。

右の地図を見て下さい。

郡山インターから東北自動車道へ乗って、一路北上して、福島西インターで降りました。
ここまでおおよそ45km、自宅を出てから約40分です。

国道115号線を西に向かい、途中から右に折れてフルーツラインを北上、更に左折して磐梯吾妻スカイラインへ。

上から降りてくる車は多かったのですが、登りはスイスイでした。
ところがスカイラインの料金所の手前(高湯温泉入口)から、渋滞が始まりました。
料金所を過ぎれば大丈夫だろうと多寡をくくっていたのですが、これが大間違い。ここから先は一寸刻み・・・と言うより、ほとんど動きません。
結局、頂上の浄土平まで20km弱の距離を3時間半掛かってしまいました。
浄土平へ着いたときには、あたりは真っ暗。もみじどころの騒ぎではありません。予定では裏磐梯レークラインを通って帰るはずでしたが、やむを得ず土湯側へ降りて、再び福島西インターへ・・・

延々6時間半のドライブでしたが、見事な紅葉は見られずに帰ってきました。
その間、車から一歩も外に出ませんでした。

せっかく来たのだからと、車の窓越しに何枚か撮影したので、ご覧に入れます。
期待はずれの結果になってしまって、申し訳ありません。

時間がとれたら、別の場所へ行ってみたいと思っていますが、どうなりますか。

車窓から-1このあたりでは、まだ余裕がありました。
「午前中に来ればよかったね」などと
話し合っていました。
途中の谷間では、稜線のもみじが夕日に当たって輝いていました。谷間の紅葉
ヌルデ?
これは、ヌルデでしょうか。
手前の山は吾妻小富士、奥の山は安達太良山です。山々
カエデ
カエデやブナが、色付いています。
多少は、もみじ狩りの気分が味わえるでしょうか。車窓から-2
車窓から-3吾妻小富士の斜面。
このあたりは東斜面なので、午前中ならよかったのかも知れません。
はっきり見えるのは、車のテールライトばかり。

紅葉は、すっかりくすんでいます。

テールライト
渋滞後ろから上がってくる車の列が、繋がっています。

紅葉は見事で、陽が当たっていたらさぞかし綺麗だったんでしょうが・・・

一切経山の麓。
このあたりでは、硫黄の臭いがします。
「火山性ガス発生。停車しないで下さい」という看板が立っています。
「止まりたくて止まっているんじゃねぇよ」と、憎まれ口の一つもたたきたくなります。

ここから浄土平まで更に1時間、普通なら10分も掛からないのにねぇ。

一切経山