`05年6月11日〜12日、大学の同級会(桜友会)が行われました。
今回は私が世話役に指名されていたので、福島で開催しました。

11日は磐梯熱海温泉「四季彩 一力」に一泊、
12日は、新千円札で一躍クローズアップされた
野口英世記念館、次いでシャガール展が開催されていた
諸橋近代美術館を見て、裏磐梯を散策しました。

梅雨入り間近で、「曇り時々雨」の予報でしたが、
見事に外れて、とても爽やかな一日でした。

参加者には好評だったようで、ホッとしています。

宴会ー1
宴会ー2
桜友会総会の後、懇親会になりました。
郡山市西田町の伝統的な「ひょっとこ踊り」が披露されました。
お面をかぶったユーモラスな踊りは、大好評でした。
ついには、桜友会のメンバーもお面をかぶって踊り出す騒ぎに・・・\(^o^)/
料理
新千円札
鮎の塩焼き(右手前)に山菜の天麩羅(左手前)、福島牛のローストビーフ(右奥)など、地元の食材も美味しかったです。
少しぬるめの温泉も、ゆったりとした気持ちにさせてくれました。
翌12日は、バスをチャーターして裏磐梯観光。
先ずは新千円札でブームとなった「野口英世記念館」へ・・・
新千円札のNo.2が、展示されています。
No.1は日銀に、No.3は福島県庁に保管されているそうです。
シャガール展
猫魔ホテル
ダリの美術館として知られる諸橋近代美術館では、シャガールの特別展が開催されていました。
(上の美術館をクリックすると、美術館のホームページが表示されます。)
都合があって4名が参加できませんでしたが、観光に参加した16名は、予想外の好天になった裏磐梯を満喫しました。
昼食を取った猫魔ホテルの玄関前で、記念撮影。
後ろは磐梯山です。(右端が、こんちゃん)
桧原湖
磐梯山
冬場はワカサギ釣りで賑わう桧原湖も、初夏の景色です。
奥の山を越えると、山形県米沢市です。
磐梯山噴火記念館の展望台から見た、磐梯山。
真ん中のえぐり取られたように見えるところが、明治11年の噴火で吹き飛ばされた部分です。
毘沙門沼
毘沙門沼の鯉
五色沼の一つ、毘沙門沼。
毘沙門沼には、大きな鯉が泳いでいました。
優に1メートルは超える鯉もいました。

桜友会は、5年に2回開催されます。
次回は再来年、卒業45周年として、
東京で開催される予定です。